被相続人の方へ

はじめに
〜財産を遺される方へ〜

あなたの財産を受け継ぐ相続人は決まっていますか?「配偶者と子供達」と答える方がほとんどでしょう。しかし、相続人たちは仲良く分け合えるでしょうか?大きな額になればなるほど、心配ではありませんか?事実、相続財産が高額であるほど問題が発生しやすく、その問題も大きなものとなる傾向があります。本来は豊かさをもたらす財産ですが、あなたが遺す財産がもとになり円満だった家族間に問題が生じては本末転倒です。「未来のために・幸せのために」と懸命に築き上げた財産が遺恨を残すことだけは避けたいものです。

だからこそ、あなたは先手を打つべきです。事前にしっかりとした計画を練っておくことが重要なのです。例えあなたが亡くなられた後でも、あなたの意思を尊重し生前に立てた遺産相続計画を履行できる専門家に依頼しておくことは特に有効な手段であるといえます。

2種類の相続人の権利について

  1. 法定相続人:被相続人が死亡して相続が開始した後、遺産を受け継ぐことが確定した相続人の権利
  2. 推定相続人:被相続人が亡くなる前、相続開始を仮定した際に遺産を受け継ぐことが想定される「推定相続人」が有する権利

1. は家族・親族のことであり、2. は家族・親族以外の方です。より具体的には、法定相続人とは、被相続人が亡くなって相続が開始した際に遺産を相続する権利があると民法で定められている相続人です。法定相続人には、被相続人の配偶者である「配偶者相続人」と子や孫、父母、兄弟姉妹等の「血族相続人」があります。そして 2. の推定相続人とは、被相続人の生前、現状の家族構成で遺産相続が開始したとして相続をすることが想定される相続人です。法律で定められた法定相続人が変更することはありませんが、推定相続人は場合によっては相続権を剥奪されます。

あなたの財産を、だれにどの程度を渡していくかを決めるのはあなた自身です。しかし、あなたの意志を通すことで相続人間にトラブルが発生するようでは本末転倒です。

私たち「レンジャー相続弁護士」は、相続人の人間関係を見極めながら、あなたの希望通りの相続を実現する法律のプロフェッショナルです。事前に計画を立て、理想の遺産相続の実現に向けて一つひとつ進めていきましょう。最高のチームがあなたと構築した遺産相続計画を着実に履行いたします。